スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻撃開始、そして...

2009年12月13日 11:29

続き。

同性の担任を遠くから見つめる日々が続き…
えー、結果堪えられなくなりました(笑)
あ、ちなみに担任は24歳の若手です(だが熱血)
色白で、体育の先生のくせに私より背が低く、しかもSっ気があります。そのSを崩して滅茶苦茶にして、Mにしたいというのが願望です(笑)

てか見事に彼がいることをスルーしてましたね(笑)
彼にはこのことはいってあります。
「まあ別に、同性ならいいよ。なんかわからないけど嫉妬しないなあ。頑張って」と、普通に許可。
いやー、理解良き彼をもって幸せです(*´∀`*)
私も罪悪感がありますが、好きになってしまったんだからしょうがないでしょう←え

でまあ本題に戻ります。(また口調変わりマース)

堪えられなくなった私は、攻撃体勢に入った。
まぁ何をしてもフラれるのはわかっている。
だが、ずっと見つめているだけの状態でいるわけにもいかなかった。それに、学校で勉強していても、担任のことばかり考えてしまうからもうすぐ受験生の私は早く担任を諦めなければならなかった。
「さっさとフラれて諦めるぞ」と思っていた。

狙うは教育相談[先生と生徒が1対1で話すやつ]の時。
一日一日、教育相談に近付いていく。

そして、当日。
教育相談は放課後にある。6時間目の授業が終わり、、ついにその時が。
心臓が破裂しそうだった。
部屋に入る。担任とは机で向かい合って座る。
話が始まり、進路や生活について訊かれた。

ドキドキ

「で、どこの高校いくつもりなの?」

ドキドキ

「△△高校かな」

ドキドキ

そんなことを話している間中、私の心臓はドキドキしっぱなしだった。
教育相談も終盤にさしかかり、、


「他に何か悩みとか訊きたいことある?」
「え、えっと」
「何何~?」
「いや、あの…」

↑しばらくこんなやり取りが続いた。
そして

「あ、あの…えっと、好きです」
「誰を?」
「先生」
…………………
……………
しばらく沈黙が続き、

「だめ?」
「い、いいですよ」
「…」
「ありがとう。私もカラスさん(名字ね)のこと大好きですよ~。
そういう意味じゃないって?」

冗談でも嬉しかった。

「うん、その好きとは違うでしょ」
「真剣に好きなんだ?」
「うん」
「先生女子サッカーやってたからね、中にはそういう娘もいたよー。同性を好きになることに関しては気にしとったりするん?」

こんなときなのに気を遣ってくれた。

「いや、大丈夫っす。じゃあまた…」


とまぁそんな感じで終わった。
普段、学校で担任とはよく話していたし、彼女の授業でも頑張っていたから、嫌われてはいないようだ。

本当はもっとキツく言われるのかと思っていたから、拍子抜けした。
そこで問題が一つ。

諦められないじゃないか(;゚Д゚)

優しく言われたから余計に好きになってしまったという(笑)


と、いうわけでまだまだ諦めません(-_-)b

to be continued...
スポンサーサイト


コメント

  1. 白雨南風 | URL | lU5EvN6A

    あけましておめでとうございます!

     コメントするの超遅くなりましたが、一言。
     頑張ってください!
     応援しますよ~。

     前の記事のタイトル見てちょっとびっくりしましたけどwww
     ひいたりはしません。
     自分の周りにもいますし。
     そういう子。

     自分は何にびっくりってカラスさんの
     彼氏さんにですね。
     え、いいの? それでいいの? みたいなwww

     ではでは。
     今年もよろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karasulml.blog75.fc2.com/tb.php/55-9830ac3f
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。