スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物を飼うことについて

2009年04月03日 18:49

※ペットという言葉はふさわしくないと思ったので、『動物』等と表現しています。


動物を飼いたいな~、と思い母親に言ってみるとハムスターやモルモットなら
飼ってもいいと言われました。
どんなのにしようか悩んで、知人に相談してみると…。


  俺はハムスターを飼ったことがあるけど、一年くらいで死んだよ。
夜、ハムスターと遊んでたら急に目を細めてね。それからゆっくり目を閉じて…
呼んだらもう一回目を開いたんだけど、ぴくぴくしながらまた目を閉じたんだ。
で、触ってみたらどんどん冷たくなって、しまいには動かなくなって……

そのときはもう泣きまくったね。
それで朝起きて『生きてないかな?昨日は寝てるだけだったのかもしれない。きっとまだ生きてる…』って思ってみたらハムスターが寝るようにまるまっていて、触ってみたらやっぱり凄く冷たかった。

泣きまくってたら次の日、母親がまたすぐハムスターを飼ってきてね…
流石にキレそうになったよ。
『死んだらすぐに次、でいい訳ないだろ!あいつの代わりはいないんだよ!』
って思ってね。

動物ってお店でかったら大体はもうそのときから飼い主のとこで
一生を過ごしていくわけだから、飼い主のことしか知らない。
しかも、食べて寝て遊ぶことしかできないから、空いてる時間はずっと飼い主のこと思ってるわけじゃん。
だから飼い主が外出してるしてる時はずっと飼い主をまってるよね。

そういう無垢な動物が死ぬ時は、悲しいという感情を越えたとこまでいくよ。
『俺しか知らずに一生を終えたんだ。もっとかまってやればよかった…。』

俺が何を言いたいかっていうとさ…
飼われた動物の人生って飼い主で決まるから、中途半端な思いで飼っちゃダメだ。

動物も人間と同じなんだから『癒される道具』が欲しいだけならよく考えて。
『私が幸せにしてやれるだろうか』『ストレスを与えないようにかまってやることができるだろうか』って本気で考えて、無理と思ったら飼わない方がいい。
良い飼い主に貰われた方が動物も幸せに過ごせるだろうから。

                              」

だそうです。
えらいな~と思いました。感心の一言。

でもなんか「飼うな!!」と言われたような気がします;
まぁ飼わない事にしました。


でも何故か感謝の気持ちでいっぱいです。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://karasulml.blog75.fc2.com/tb.php/50-b016230a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。