スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独、想いの差、   、

2008年11月28日 23:28

はぁ…。

うぁぁぁぁぁぁぁぁ、もぅキライ!いや、嘘です。大好きです。

やっと貴方の傍にいれると思ったのに。
やっと孤独感から解放されると思ったのに。
やっと恋愛のことで悩みがなくなると思ったのに。

決して独りではないのだけれど孤独感が襲ってくる。
片想いだった頃とは違う感じの孤独感が、心の中にあるんだ。

なんで?

貴方にとって、うちはいつも二の次。いつも何かの次、二番目なんだ。
うちにとって貴方は一番で、凄く凄く特別な存在なのに。

やっぱり、貴方とうちの間の差が大き過ぎたのかな。

貴方は、こういうのに慣れてるから、そこまで想いが大きくないのかもしれない。
順位とか、そういうのは無いのかもしれないけど、つけるとしたら、うちは貴方にとって友達よりちょっとだけ特別な存在ってだけなのかもしれない。

うちの想いばかりが募っていく。

それはしょうがないのかもしれない。貴方は忙しい環境にあるからうちのことを考えてる暇なんてほとんどないのかもしれない。
でもそれにしたって酷いよ。
今日も、あんな事言って。うちと少しでも長く一緒にいたいと思わないの?

いつもそうだ。
うちの方が貴方を望んでる。これじゃまるで片想いみたいじゃない。
確かにあの頃より凄く進歩したと思う。ただでさえ普通だったら無理なんだから今の状況に感謝するべきなのかもしれない。だけど、だけど…ねぇ?
欲張りだ。うちはもの凄い欲張りだ。

もぅ…





    、







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://karasulml.blog75.fc2.com/tb.php/16-c6f7d47d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。